Welcome to my blog

くしゃみをしてしまう朝

離婚して心がまだ復活しない

悲しい

部屋があいたので、私の部屋にただ積んであったような思いで箱や荷物を移している。

そのものの中には、家を出てしまった子供たちの日記や作品などが入っている。

この、私が何よりも大事にしてきた、私が自分の時間をささげた私の大事な家族はもう今はない。
子供たちがまたここでそろって生活することはない。

私のそばにはいない。

突き付けられる現実に心が泣き叫ぶが、もう口からその声を出すことができない。

思い出した戻りたくない状態その2

私はやつの声にトラウマを持ってる。
あーまた我慢しなければならない、あーまた嫌なことを言われる。

やつは離婚手続き中、話すこととしたら、嫌なことだった。あのトーン、あの責める内容、それしかなかった。

聞いていられなかった。

あのバカ女には一体どんなトーンを使って自分をだましているんだろうか・・・。

私には、やつの目がもう見れないし、やつの声は絶対に聞きたくない。

思い出した戻りたくない状態

どうしようもなく責められて、責められて。
反論しようとすると、必ずそこで、「どういったら納得してくれるだろう」とか、「それ言ってること違うじゃん、でもいつ言ったことと違ったかな」など頭の中で考えて、何も出てこず、言われっぱなしになってしまう。

もうやめて、って言っても怒鳴る、いや、怒鳴るんじゃないな、嫌なことをくどくど言いつのって、責め立てるのをやめてくれない。しまいには、何もしてない、だの引きこもりだの、まるで私が無価値のように言い募る。

説明しろ、説明しろ、説明、この間もしたよね・・・、えっ、覚えてないの?これが私の唯一の反論。

部屋が広かったので、反対にある部屋に逃げ込んで、あるいはトイレに逃げ込んで鍵をしめて、自分のほっぺを思いっきり自分で殴る。2発、3発、4発。じんじん、してようやく気持ちが落ち着く。

時には顔や腹を自分で殴る。

首を自分でしめてみる。苦しい。

すごい病気な状態だったじゃん。

あんな状態には二度と戻りたくない。

この離婚は私にとってメリットしかないんだ。
私は薬を飲まない彼とは一緒にいてはいけなかった。



春分で、新しいスタートを切るはずが・・・

やつがとうとう部屋を出た。っつうか、中途半端に出た。

まだ部屋にごみと大型家具とごちゃごちゃと残され、汚らしい状態。

そんな状態の中に、私が引き取った銀行口座関連の書類入れがぽつんと残されていた。
私ってそういう状態だよな。
やつがいらないものって思ったものの一部。

ってこれ書いてても私自身、いまだ自分を卑下しているなーってわかる。

卑下したくない、自分にもう一度自信をということで、心の引っ掛かりを書こうと思う。

まずダブル不倫されていたのに、全く気付かなかった
女が全く悪びれていないどころか、女の両親も納得済みだったことがわかった←信じられない
親が親なら子も子、自分たちばかりが被害者で、加害者になっていることにまったく気づいていない利己的な人間。
悔しい、悲しい、怒り。
女が若い女だったらあきらめられたろうに、なんと私と同年代だった・・・←信じられない
私はそんなにだめな女か?
(このことが決定的に私を落ち込ませる)

占星術の世界でも春分というのは新しいスタート、新しい一年だそうで、やつらはきれいに新しいスタートを切っているのに、私はまだどんぞこにいて、もがいている。
なんの占いを見てもやつらに当てはめてしまって読んでしまって・・・。

私はどこにいった?おーい、私!!

やつらに幸せが来ませんように。
今に今に私が感じたような悲しみ、くやしさ、怒りを味わい苦しみますように。

私には神様がついていないと思ってる。
心が落ち着くと何かがある。
つい一昨日も、発見があった。
ごみが散らばる部屋の中に封筒が落ちてた。女からのものだった。女の実家のアドレスもわかった。
一時やつに受取人指定の郵便がよく届いていたんだ。配達人が、いや、本人じゃないと渡せないから、と怪しげに私をみていたが、その理由がわかった。書類に、「妻に渡さないこと」という注意書きがこちらの言葉で書いてあった。

なんて失礼な。
私のことをどこまでも傷つけるクソ男とバカ女。
バカ女、結局私のことを「妻」と認識したうえでの不倫だったんだ。慰謝料取れるんだろうけれど、私心が新しい真実とか、詳細とかに耐えられようもないんだよ。

謝ってもらえない、やられ放題、傷つけられ放題、私もあんな気持ち悪い人間の仮面をかぶった欲、忘れてしまいたい。
私も新しいスタートをしっかりと切りたいものだ。

私のプラン

離婚、成立してもやつが隣の部屋にいるので、その動きが見えるだけでとても嫌だった・・・。

やつは、音を立てずに動く。そういう時は精神がピリピリしているとき。顔色は真っ白、身長はさらに小さくなってるとき。こんな時に人の話は一切聞けない。

こういうの女、みたことないんだろうなぁ。
たぶん余所行きの顔しかみたことないんだよなぁ。

女からしがみつかれて、きっと、あんたが面倒みてくれるっていったんじゃない、みたいな、日本人特有の言い方をするんだろうけれど、まぁしんない。こんな面倒な女、バカ男じゃないと、引き受けないよなぁ。

相変わら超モラハラ、ストーカー、メール大量に送ってくる元旦那からは二人は攻撃を受けていたようだが、私のところにもまた来はじめた。なぜか?

子供が卒園式だったようだ。

あぁ子供はかわいそうになぁ・・・。
上の子はもう3年生、この国の言葉ゼロでこっちに来るとなると、一つか二つ学年落とさないとな。

かわいそうに。バカ親に振り回されて。
だれも子供の第一を考えていないんだからなぁ。

モラハラ夫は私、卒園式に行ったときに撮ったらしい子供との写真を送ってきた。しっかし元旦那さんに子供そっくり・・・。

かわいそうになぁ。子供にとってはお父さんはお父さんだよなぁ。
こっちのバカ男は、子供はペットだから、大きくなってきたら、もう自分が気の乗る時しか相手にしないよ。

かわいそうに。
ま、バカ女も、頭の中ファンタジーだから仕方ないな。

星占いに、私が本当に新生活をスタートさせる、ってあったけど、ようやく奴があの部屋を出たら、あそこに子供たちの残していったものを移動して、居住空間は何もない状態を作ろうって計画してる。

まずはにおいを部屋から取らないとなー。