Welcome to my blog

くしゃみをしてしまう朝

離婚して心がまだ復活しない

あなたにその理由があるわけじゃない

あの程度で、って私が思う程度のこの国の言葉を話せるだけで、鼻たかだかになっていられる女には、その女を大事にかわいがってるこの国の男がいる。
その程度で・・・、妙な態度で、何がしたいのかはっきりわからないのに。
身長が低いのがやっぱいいのかねぇ。

私は自分でこの国にアジャストしてきたように思う。それはなぜなら、

自分でできるでしょ、

と来たその時から突き放されたから。

それがあのバカ男の今の女はこの国の言葉は話せず、外国も初めての教育のないような女で、バカ男におんぶにだっこ。

私は何を言われていた?って、なんで俺が全部しないといけないんだ!俺ばっかり、と言われていた。

おれは、5年後日本にいっていたいんだよ!!お前(私のこと)はこの国にいる価値ないよ!!

と人に言いたい放題いったあのバカは、この国に、日本からひっぱってきたバカ女が日本で住めないってほざいてるから、この国にいることになって、

一体なんだったの?私が一つ一つ傷ついたあのバカ男の言ったことは一体なんだったの?

あれは全部バカ男がきちがいで、血迷った言葉で、私に対して当てつけのように投げつけただけだったんだ。
私がだめなわけじゃない、私がなってないわけじゃない、私じゃない。
あのバカ男がまったくなってないんだ。自分で言ったことも何を言ったかもわかってない。右から左に自分の意見が真逆に振れる男。それだけだったんだ。

私はまじめに自分に対する言葉ととらえすぎたんだ。
捨てろ、捨てろ、言われた思い出を。嫌な思い出を。

トラウマってたとえば

他人を信じられない、から仮面で人と接している、ような気がする。
まずピエロでいる。
本当の自分ってまじめで、なんでも考え込んじゃって、政治的にもきつくって、いっつでも戦ってしまいそうになるようなところあるからね。隠す。

人に自分の言ってることをわかってもらえないと思ってる。
どんなに説明しても、それが日本語であっても、主語をちゃんと入れても、まったくわかってもらえなかったから。
今、英語でやり取りしているんだけど、それなのに、わかってもらえている感じがして、とても不思議なんだ。

えっ、普通ってこういうことなの?って・・・。

嘘をつかれていない人って普通こんなに人を信じるの?

思えばやつは何から何まで嘘だったから、一体何が本当だったのかわかんないんだよ。例えばうれしい言葉一つにとっても、それは結果的に嘘だった。その場限りだった。

私が言葉を大切にしすぎなんだろうな。

トラウマをおっている、ってわかったら、つか人からもそう見えるとわかったら、ちょっとほっとしたよ。私、引きずりすぎておかしいのか、と思ってたもん。日々結局頭の中それでいっぱいだったりして・・・。

さっ、本当私、新しい一歩を歩みだしてると思う。
どんぞこでもがいている私に、なんかロープたらしてくれる人、いるんだよ。このロープがまた本当にそこにあるのか、信じられなくって、もがいてんだけれどもさ。握ってみようか・・・。体重かけてみようか・・・。

トラウマってこんなことなのか・・・

話を聞いてくれる人がいて、ぽつりぽつりと日にちをかけて打ち明け話をしていったら、

トラウマから抜け出すのを手助けしたい、

と言われた。
私の話していることって、私のこのなかなか晴れない気持ちって、トラウマなのか。
納得。
どうしていつまでもこんな状態でいるんだろう、頑張っても頑張ってもなかなか忘れられない、思い出したくないのに、いまだ涙するなんておかしい、って思ってるのと同時に、他者が信じられなくなっている自分がいた。特に男性。

嘘をついてるんじゃないか、裏に何かあるんじゃないか、すべてそんな風に考えてしまって。
まず壁を作って、こっちに入ってこないようにする自分がいて、あぁこれ全部、トラウマなのかー。

時間しか解決できないかな?
少しずつ回復したいんだけれども。
もうすぐ夏休み。
気持ちも空っぽにゼロに設定しなおしたい。

変化

子供が補習校時代からの知り合い。
みんな、旦那の愚痴や悪口をいいつつ、主婦してる。パートタイムにもでていない。

だんだん話が合わないと感じてる。

私一人、フルタイムで働いて、離婚して。

そんな彼女たちは、日本のテレビの話にオリンピックの話で盛り上がって、えーーーみなよーーー!って。
私はオリンピック実施自体に疑問を感じているので、彼女たちの話に乗れない。

なんだかフリしてる自分に疲れてたりして。

私はもう前の輪から出始めてるんだと思う。
私、もうとどまれないんだと思う。

流行りの内観中

自分なんか女として失格
自分は誰ももう愛せない、なぜなら信じることができないから
どうやって新しい人なんかと知り合えるのか
私のことを嫌うのではないか

と自身に対する自信がまったく回復していない。
48歳。
外国だから若く見えるけれども、30代の同僚と一緒にいて、この国の言葉を話せば、もちろん結婚しているのだろう、と人は思うようだ。
私は誰かと知り合えるのだろうか。

まず外国人というネック、外国人のアクセントのネック、そんなところに卑下して、自分にまったく自信が持てない。

ドツボにはまっている。

今日はまたじっくり考えた。
部屋の中で、好きな音楽をかけ、好きなものを食べ、おなかをへこます運動なんかして、ちょいっと散歩にいってくるか、と外を歩き、やっぱりまずは、自分は一人で生きていく、と腹をくくらないと何も始まらないんじゃなかろうか、と思ったりして。

あぁ寂しい。

長期の付き合いを希望する人がよく登録するというサイトに登録してんだけれども、50以上の、おじいさんに見える人ばかりが連絡を取ってくる。
まーそりゃ当然だよね。

でもさ、彼らは不安じゃないのかな?だって年の差、国の習慣の差、経験の差。それを埋めていく努力をするという気力があるってことなのかな?それともよくありがちな想像力不足かな?

彼という存在とレストランにいったり、飲みに行ったり、映画に行ったり、ドライブに行ったり、したいなぁ。