FC2ブログ

くしゃみをしてしまう朝

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

取り決めた生活費について

日本では生活費、離婚の際に決めたとしても、支払わない男たちがいるとよく聞く。支払わないでいられる社会。

この国ではそれはできない。
一度取り決めて、公証役場にて公証人の前でサインしたものについては、裁判での判決と同等の重みがあり、必ず守らなければならないもである。
払わないのであれば、給料からの差し押さえ、市当局の立替、徴収もありうる。
実際経験してきたのに、あのバカ男は、自分の場合は、適当に言い逃れできると考えて、離婚調停の際に、

「ycrelleのいいように決めてください。彼女が一番不安に思わないように生活費は設定してください。僕はすべてに同意します」

などとほざいだんだ。

なんで???

しかしもう自分のいい加減な態度は自分で償っていくしかない。今更騙されただのと騒いでも仕方ない。やつ自身が私の弁護士を訴えて裁判に勝つしか方法はない。

私に正規の生活費が支払われるのであれば、私、成人した子供たち(18歳以上)の生活費も今よりも援助できるようになる。

子供たち(18歳以上)は自分への生活費援助に関してそれぞれ戦わないといけないことになるそうだ。厳しい。
遊んでいられないこの国。

なのにあのバカ女は働かない気で来てんだからなぁこっちに。おんぶにだっこされるつもりで来てるんだから、本当なんでそんな馬鹿な状況をバカ男は作り上げたんだろうか。すべてあのバカ男のバカな決定だけどね。その影響をかぶりたくないしね、私。私との取り決めのほうが先だったわけだし、私はバカ女がのーのーと専業主婦していくために、私の取り決めを反故にはしないし、バカ女もいい加減大人になれ、って思うし。

どうして日本って女、働かなくっていいと思ってんだ??
スポンサーサイト

COMMENT

☆投稿パスワードの入力をお願いします。

コメントの投稿

secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。