FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

事故を見て思い出したこと

そういえばあいつの病気の証明で、もう一歩で大事故になることが数回あった。

まずでかいところは、路肩に止めてあった車を発車させるときなんかけんかしてたかで、興奮してて、突然車を発車させUターンしたら、バスが後ろから来てて急ブレーキをかけた。バスの運転手が降りてきて、怒鳴った。やつは、まだ認識できていないようだった。

やつは、状況を判断し臨機応変に運転するなんてできないので、ばかたれは、ルールにしがみついてた。合流箇所では1台1台入るべきだ、と信じ混んでおり、隣のトレーラーが自分が入る隙間を作らないので一緒に並走し、路肩に乗り上げ、トレーラーに接触。
ばかだから、自分から、トレーラーと道に挟まれにいったようなもんだった。あいつには合流は本と無理だった。
トレーラーと接触事故を起こしても、トレーラーが悪いと信じていた。ばかだよ。合流する方はタイミングを見るべきなのに。

あのばかたれは、思い込むともう自分の考えから逃れなかったから、バスが遅れていたとき、他のバスが来て運転手があるいていった方向に飲み屋があったら、飲みに行ったんだ!連れ戻してやる!と、信号赤の横断歩道を、パトカーの前横断。警察に引き留められていた。バスの運転手は、そんな飲み屋にいっておらず、バス会社のトイレかに行っただけであって、戻ってきて、違う方面に出発していった。
警察から解放された彼は混乱しているようで、もう帰ろうと、私は提案し帰った。

手の施しようがなかった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
月別アーカイブ
this page has been seen by
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。